マイホーム

マイホーム資金を賢く蓄える

マンションや戸建て住宅など、マイホームの購入は、人生の中でも最も大きな買い物です。

それでは、実際にマイホームを購入するときにはどのような資金計画が必要なのでしょうか。

マイホーム購入に必要なお金を正確に知る

マイホームの購入には、

①土地の費用

②建物の費用

の他にも様々な諸費用が必要です。

 

諸費用の例

申込証拠金
手付金
印紙税
仲介手数料
不動産取得税
固定資産税・都市計画税
登記費用 不動産登記(所有権の保存または移転など)

新築マンションの場合で物件価格の3%~5%
中古マンション・新築・中古の一戸建ての場合で物件価格の6%~13%
が目安とされています。

マイホーム購入後の費用

マイホームの購入には、多くの方が住宅ローンなどを利用されると思います。

マイホーム購入後も、ローンの返済だけではなく支払いが必要なお金がありますので、マイホーム購入前にしっかりと無理のない返済計画を立てることが大切です。

資金シミュレーション

例えば、土地と建物を合わせて4000万円のマイホームを購入した際にどれくらいの費用が必要か考えてみましょう。

マイホーム価格 新築マンションの場合 4000万円
諸経費 不動産価格の3%~5% 120万円
固定資産税など 不動産価格のおおよそ1.4%

課税標準の軽減措置を適用

14万円

合計4134万円

これに加えて、引越し費用や家具などの購入費、修繕費や駐車場代などが必要になります。

住宅ローンの例

4200万円を頭金なしで全額住宅ローンで借入する場合、

毎月126,550円の返済

となり、総額で53,150,750円の資金が必要となります

 

借り入れ条件:頭金0円、元利均等方式、返済期間35年、金利1.4%の固定金利で計算しています。詳しくは金融機関などにご相談ください。

 

将来の負担を減らすためには、頭金の準備と将来の資金計画が大切です。

購入後も様々な費用が必要です。

また、お子様の成長につれ、家計負担も増えていきます。

将来、安心して生活するためには、マイホームを購入する前にしっかりと準備をし、住宅ローンの借入額を減らすことがとても大切です。

マイホーム資金を計画的に貯める!具体的にどうすれば?

計画的にマイホーム資金を貯める方法は、人それぞれです。

真剣に「マイホーム」を貯めたい方や、計画はするけどなかなか実行できない方。マイホーム購入の予定はあるが資金が足らない方。

ローンの借り換えなど、現在の住宅ローンの負担が大きくて悩んでいる方。

あなたに合った無理のない方法で着実に資産形成しましょう。

まずは一度、お気軽にご相談ください。

電話をかける